スピリチュアリストの占いで守護霊を知る

人には、色々な人生がありますが、全ての人に必ず”守護霊”という存在が付いています。

「存在が付いている」というよりも「後ろでその人を見守っている」という方が正しいかもしれません。

では、その守護霊は付いている人と密接な関係があるのですが、一般的にはご先祖様が言われています。

時には、すでに亡くなられている自分の祖父母や両親ということもありますが、それだもおじいさんやおばあさんよりも前のご先祖が、守護霊として後ろで優しく見守ってくれているのです。

また、霊格の高く神様に近い存在の人々が守護霊となっている時もあります。

このようなことを理解していると、今、守護霊が自分にどんな思いや気持ちで見守ってくれているかを知りたくなります。

ひいては、自分にどんなアドバイスをしてくれるのかも知りたくなってきます。

守護霊と直接コンタクトすることが出来れば、自分の人生がどれ程楽しく充実感していくかが分かり、楽しくなるはずです。

スピリチュアリストによる守護霊占い

しかし、残念ながら、余程の霊感がなければ、自分の守護霊が誰なのかを知ることができませんし、話をすること(意識を交流させること)さえできません。

こんな時に、守護霊とのコンタクトを取りたい時に、力を貸してくれるのが、占い師さんです。

彼らは霊力も持っている人で、”スビリチュアリスト”と呼ばれている精神世界の分野においても、幅広く奥深い知識を持っている方々が多いのです。

そのためには、自分の後ろに居てくれる守護霊は、どのような人で、その人とどんな関係にあるのかを、スビリチュアリストの占い師さんは理解してくれます。

そして、守護霊の人がどんなことを伝えようとしているのかも、スビリチュアリストの占い師さんか、理解して伝えてくれるのです。

その内容は、今困っていることに対するアドバイスであったり、時には厳しいことを言うこともあります。

その1つひとつが、その人の運勢が良くなるためのことで、それを占い師さんが的確に伝えてくれるのです。

しかも、その人の将来を見通しているのは、付いている守護霊なのですから、もしかすると、自分自身でも全く解決予報していなかった将来の出来事のことを、守護霊が指し示してくれることもあります。

このような結果が守護霊の占いで出てきたなら、とても驚くことでしょう。

それだけに自分の将来を知りたくて、占いって欲しい時に、「守護霊占い」で見てもらうことで、精度の高いあなたの人生ドラマが手に取るように分かってきます。

しかし、それはあくまで将来の選択肢と1つなので、もしご先祖様があなたの願うことと異なることを示しても、それは間違った方向に行かないようにしてくれているのです。

「守護霊占い」ほど自分のことがはっきり分かる占いはないでしょう。